Home / 癌になったら見る映画 / 癌がテーマの映画:50/50 フィフティーフィフティー

癌がテーマの映画:50/50 フィフティーフィフティー

 
概要:ウィキペディアより

 

『50/50 フィフティ・フィフティ』(原題: 50/50) は、2011年のアメリカ合衆国のコメディ・ドラマ映画。ウィル・ライザーが脚本を執筆し、ジョナサン・レヴィンが監督を務め、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットとセス・ローゲンが主演し

27歳のアダム (ジョゼフ・ゴードン=レヴィット) はある日がんを宣告される。彼のガールフレンド (ブライス・ダラス・ハワード)、親友 (セス・ローゲン)、そしてアルツハイマー型認知症を患う夫 (セルジュ・ウード) を持つ母 (アンジェリカ・ヒューストン) は、アダムから告げられた事実をそれぞれの形で受け留める。その中でアダムは研修中の心理療法士 (アナ・ケンドリック) のセラピーを受け、また年上の化学療法患者たち (フィリップ・ベイカー・ホール、マット・フリューワー) と親交を深めていく。

 

————-

 

作中に癌が出てくる映画のほとんどで、癌の治療について描かれる事はほとんど無くファクターの一部として使われる事が多い中

この作品は脚本家ウィルライザー本人の実体験をもとにしているのもありますが、治療についてや闘病中の心理状況など詳しく描かれています。(海外ドラマDr.houseはおいておきます)

癌のだと女性にもてる!女性が心を開いてくれてデートに誘いやすい!

世界の中心で愛を叫ぶの様なヒロインが白血病的なものではなく、若い男性の癌の話の映画など他に類を見ない様なテーマの中、核心を突くようなシーンがコメディーとしてちりばめられています。

 

 

人気のある記事

ご心境や症状などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top