Home / 癌情報 / がんカテーテル治療を今すぐ利用しよう!(保険承認治療です)

がんカテーテル治療を今すぐ利用しよう!(保険承認治療です)

この動画は、肝がんのカテーテル治療のイメージビデオです。

日本も最近、健康保険で利用できるようになった、

「ビーズ(球状塞栓物質)」を使った新しいカテーテル治療です。

カテーテル治療は肝臓以外も首から下の臓器であれば治療を行える可能性があります。

癌カテーテル治療動画の具体的な内容は

 

  • 肝臓(肝がん)に出来た腫瘍の近くの動脈までカテーテルを挿入
  • 癌に栄養を供給している栄養血管に直接高濃度「抗がん剤動脈注入療法」を行いピンポイントで癌に攻撃。
  • 癌に栄養を供給している栄養血管に直接「ビーズ(球状塞栓物質)」を投入し、血管をつめる。
  • 高濃度の抗がん剤が直接届き停滞するため効果が期待される。
  • 血液の供給量が一気に減るため、癌が成長する為の栄養が遮断され癌腫瘍の成長の抑制・縮小・消滅が期待される。
  • 血管を塞ぐため、転移率の低下も期待される。

というような説明のための内容です。

癌カテーテル治療自体は何年も前から行っている治療院もありましたが、近年この「ビーズ(球状塞栓物質)」保険承認された事で一気に注目されるようになりました。

癌カテーテル治療は血管内治療(カテーテル治療)のなかのひとつの新治療法です。

塞栓術・動脈塞栓化学療法(英語名:TACE:Transcatheter Arterial Chemo-Embolization)が一部独立し、癌カテーテル治療として腫瘍の消失・縮小に対しての効果に期待が高まっています。

以前は、「抗癌剤」「油性造影剤」「ゼラチン粒子」を注入して動脈内に停滞させる方法でした。腫瘍の栄養供給を絶ち、抗癌剤の効果で癌を消滅させる方法です。しかしこれらには問題があり、抗癌剤が十分に浸透しない・肝機能が低下している場合は使えないという弱点がありました。
現在はこの弱点を補った、『抗癌剤溶出性ビーズ』・『血管塞栓用ビーズ』が保険承認されています。

『抗癌剤溶出性ビーズ』・『血管塞栓用ビーズ』の3つの特徴

1.球状塞栓物質(抗癌剤溶出性ビーズなど)は、抗癌剤を吸収・吸着するスポンジ玉のような構造になっています。

2.注入したビーズから抗癌剤が少しづつ溶出し腫瘍を攻撃。 同時に腫瘍が血管から得ていた栄養を止めます。

3.抗がん剤によっては抗癌剤濃度が高いほど効果が高いものもあり、点滴ではあり得ない高濃度での攻撃が可能。

 

といった特徴があげられます。

 

 gankate

 2009年1月の厚生労働省「第10回医療ニーズの高い医療機器等の早期導入に関する検討会」での血管塞栓用ビーズの報告書には以下の様な文章があります。

血管塞栓術の安全性向上及び適応の拡大を図ることは本邦において重要と考えられる。現在本邦で承認されている血管塞栓物質の性状を鑑みれば、優れた塞栓効果が報告され、すでに欧米で広く臨床で使用されている粒子径の均一性の高い血管塞栓用ビーズについて早期導入が検討されるべきである。

引用:厚生労働省報告書 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/01/dl/s0116-4f.pdf

実際の手術動画はこちら

レントゲンやCT動画などで実際の治療の進行例が発表されていましたのでこちらの動画もご覧ください。

 がんカテーテル治療のメリットは?

治療の身体的負担が少ないことで、日々の生活の質を上げることができるので癌とうまく付き合いながら共生していくことが可能なのだそうです。

 

  • 現在の癌の3つの標準治療の「腫瘍切除手術・放射線治療・抗がん剤投与治療」に加えた、第4の治療方として利用できる。
  • 腫瘍への高い攻撃性にくらべ副作用が少ない。
  • カテーテル治療なので肉体的ダメージも少ない
  • 他の治療(手術・放射線・抗がん剤のほか、免疫療法・オーソモレキュラー療法など)と同時に治療可能。
  • 癌の原発巣のほか、転移した癌に対しても治療を行え、効果が期待できる。
  • 首から下の臓器であれば、治療可能である事が多い。

副作用が少なく、他の治療を行っていても治療を始める事が出来るのは大きいです。

また、転移後の腫瘍にもピンポイントで治療していく事でき、リンパに対しても行える事がある様です。

余命1年と言われた方が3年・4年と治療を続けていらっしゃる方も居るようです。(参照:コンフォート病院)

外科的手術であれば、転移後の手術はそうとう体にダメージが残ってしまうのですが、腫瘍の進行を食い止めると言う考えで行けば高い効果が期待できるほか、奏効率55.9%というデータを発表されている方も居ます。

 どんなに患者さんにおすすめ?

 

  • がんと診断され、現在治療を行っている方。
  • 手術後に癌の再発が確認された方で今後の治療法を考えている・行っている方。
  • 癌のステージが高く、手術が不可能という診断をされた方

副作用や手術などの身体的なダメージが少ないので、様々な状況の方に治療を行う事ができる可能性の高い治療方法です。

横浜のコンフォート病院では、首から下の臓器「肺癌・胃癌・乳がん・肝臓癌・卵巣癌・子宮癌・直腸癌・膀胱癌・骨腫瘍・大腸癌」といった癌に対しての治療効果が期待できるとしているほか、末期癌と呼ばれる高いステージの腫瘍に対しての治療も行います。

 

後で後悔の無いよう、何か思い当たる方は是非診断を受けましょう。

 

話を聞くと良さそうだが、なぜ認知度が低いの?

 

ひとつは、保険適応の血管塞栓用球状塞栓物質(マイクロスフィア) 「ヘパスフィア」・「エンボスフィア」などが販売開始されたのが2014年1月です。この記事は6月に書かれていますのでまだ半月と言う事があります。

日本の癌治療は、各臓器別に分かれた癌学会が提供している治療ガイドライン(フローチャート)にのっとった治療が勧められるのが一般的です。

肝癌の場合など診療ガイドラインなどにはTACEという文字も出てきていますが、まだビーズではなく油性造影剤リピオドールと抗癌剤の混濁液とゼラチン粒子を用いたLip-TACEについて書かれているのみです。

つまり、この治療自体を知らない方もかなり居ると言う事です。今後は、ビーズの保険承認によって変わってくると考えられています。

この治療に興味がある方は

 

積極的なセカンドオピニオンでこの治療を受ける必要があります。

 

どこで診察・治療できるの?

これらの治療は全国の病院では受けられません。実績とデータがそろっている一部の病院で治療を受ける事が出来ます。

 


 

人気のある記事

One comment

  1. 私の妹(31歳)が、昨年3月に印環細胞ガンからのクルケンベルグと診断され、胃の全摘出術、両卵巣、子宮の全摘出をしました。その後、温熱科学療法施行されましたが、現在胸水が溜まり、肺転移、癌性胸膜炎の疑いがある状況です。
    抗がん剤のTS1とシスプラチンを投与していましたが効果が得られず、今月からタキソールに変更となり治療を続けていますが、白血球が減少するばかりで、体を痛め付けてるだけの気がして……今回、この記事を拝見させて頂き、少しでも希望があるなら、詳しくお話を聞かせて頂きたいです。

ご心境や症状などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。 Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top